FC2ブログ

創価母のつぶやきブログ

信仰人生42年の経験と思う事を綴って行きたいと思っています。

スポンサーサイト

Posted by mimipita on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価学会初代会長 牧口常三郎氏 5

Posted by mimipita on   0

今日は朝から小雨で天気が悪くて寒いです。朝の部屋の温度は18℃と
肌寒く、いよいよ秋の終わりに成って来ましたね。

長野の御嶽山の噴火に巻き込まれ犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。
二次災害や雨による、土砂災害が気になる所ですね。
日本は火山の多い国ですから、人ごとではないですよね。私は登山の趣味は
ないのですが、登山の状況をよく調べてから実行するのが大事かと思います。

では、牧口先生のお話を始めたいと思います。

牧口は独創的な自分の教育理論(価値を創造する)をメモに書留、
膨大な量になっていました。

現役の教師が教育学説を発表した人はいませんでした。
弟子の戸田は牧口の書き溜めた資料をまとめました。
1930年(昭和5年)11月18日 に
「創価教育学体系」第1巻が発刊された。

その日は二人にとって、「創価教育学会」の発足の日でもあった。
教育界に波紋を呼び新聞や雑誌にも取り上げられ識者からも高い評価を
受けた。
「創価教育学支援会」も結成される。
犬養穀(いぬがいつよし)、鳩山一郎、新渡戸稲造、柳田国男らも会員になる。
牧口は日本帝国大学で、講師として呼ばれ講演を行なっている。

しかし反勢力により、牧口はまたも、白金から転属に追いやられる。
廃校が決まっている、麻布新堀尋常小学校に転属辞令がだされ、
19年間の校長生活に別れを告げたのだった。

その頃の社会情勢は、1929年(昭和4年)世界史上最大の金融大恐慌が
襲った。日本は深刻な恐慌不況から脱する道を満州の植民地化に求める。
1932年(昭和7年)満州国の建国宣言をする。世界から批判の的となり、
翌年、国際連盟を脱退する。
日本は軍国化、侵略主義の道をひた走る。
1938年ドロ沼の日中戦争を戦う。

そんな中、牧口は国家を憂い社会改革のために、教育改造の急務成る事を
叫ぶのだった。
「創価教育学体系」は毎年1巻づつ発刊され、3巻の編集が進んでいた頃に
牧口は校長職を退く事と成る。残りを退職金をあてて、刊行した。
戸田は教育関連の事業で経済的に牧口を支えた。
「創価教育学体系」は4巻までしか出版されなかった。
牧口は書物での教育界への与える影響力の限界を感じていた。

時習学館の教師や若手の教師が牧口に共鳴し会員に加わって行った。
牧口は精力的に、教育改革を訴えるため各地で講演活動を始め、機関誌
「教育改造」を発刊し、精力的に創価教育の普及に努めた。

終了後の懇談の場では「それを進めるには正しい信仰をもつことが不可欠
なのだ」と、日蓮仏法を語った。 1人2人と信仰に目覚めさせていった。

会の目的は「創価教育学体系を中心に教育学の研究と優良なる教育者の
養成とをなし、国家教育の改造を計るを以て目的とす。」
と明確に書かれている。
牧口は、国を挙げて戦争への道を突き進んで行く日本の進路を変えるには、
教育によって賢明な民衆を育てて行くことが何より必要なことと考えていた。
会員数は70人ほとんどが教育者だった。

牧口は率先して地方をまわり、運動を広げて行った。
その中には教育者だけでなく、政治家、官僚、哲学者もいた。
1938年(昭和13年)には北海道から九州まで、広がり、東京に9支部
地方に7支部の陣列になっていた。

牧口は、人類社会は必ず軍事的競争の時代から、政治的、経済的競争の
時代を経て、人道的競争の時代へと移り変わっていくだろうと予想した。
それはまた人道的な社会を築こうとする、彼の決意でもあった。

いつ果てるとも解らない日中戦争が続く中、日本は国家主義の坂道を全力で
駆け下りて行く。
そのターニングポイントは、1940年(昭和15年)だった。
国策に順応しない宗教団体、結社への抑圧が強化された。
10月には大政翼賛会が発足し、戦争遂行の名目で政党政治までもが、
封じ込められた。
そうしたなか牧口は創価教育学会を社会変革の運動体として作り変えて行く。
その頃から、思想警察であった得高刑事の影が身辺に目立って来た。




次へ続きます。
最後までご覧下さいまして、ありがとうございます。


励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://takahiro0528294.blog.fc2.com/tb.php/5-d3f1735b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。