FC2ブログ

創価母のつぶやきブログ

信仰人生42年の経験と思う事を綴って行きたいと思っています。

スポンサーサイト

Posted by mimipita on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善と悪は表裏一体&「SGI」は地球上の平和の団体

Posted by mimipita on   0

2月になりました。寒さに負けず「伝統の2月」を悔いなく頑張りたいと思っています。
の気持ちで日々過ごしています。思う事はあってもその通りの実践が伴わないのが、
私の現状ですが、いつも挑戦の気持ちは持ち続けたいです。

1月後半からの「イスラム国」の報道に心穏やかでなかったのは、皆様も同じと
思います。
何世紀にも渡って、人間は殺戮を繰り返しています。なぜにもっと賢い考え方が
出来ないのか?いつになったら人々が安穏に平和に暮らす世界になるのでしょうか?

色々と今回の「邦人の人質殺人事件」で、いやでも考えさせられたと言うか、
考えずにはいられない日々でした。
やはり根底には何が大切か!! 人間とは条件や環境だけで、平和に生きて行ける
動物ではないと言うことです。『生命』をどうとらえるか!?やはり哲学、思想の
問題だと言う考えに行き着くのです。

思想を毎日実践していくことを宗教と言う言葉になりますが、殺し合わない世界になるには、
「生命」がもっとも尊いとする、「法華経」を広める事がやはり必要になります。
だからと言って全人類が「法華経」を信仰できるかといえば、不可能でしょう。信仰者と
してはもちろん、「広宣流布」を目的に活動は止みません。
それとともに、宗教関係なく、どんな思想、宗教をしている人間でも、包含する、大きな心
の人間へと「人間革命」し友人となる絆を作る活動がより重要であり絶対に必要なのです。

『SGI』(創価学会インターナショナル)はそれを進めてる団体です。
1月26日の聖教新聞に池田SGI会長が「第40回「SGIの日 記念提言」を発表しました。
ここに、問題解決の方途を示されています。

見出しだけ抜粋します。

人道の世紀へ誓いの連帯
地球上から悲惨の二字なくす
平和の波動を民衆の手で!
苦しみ抱える人々の目線に立った政治と経済の再人間化を
一人一人の意識変革が社会を変える原動力に
同苦と励ましの心の通い合いが自他共の尊厳を照らす光に
勇気の連鎖を広げるSGIの体験談運動
平和の文化築く挑戦を
排除の思想からの脱却が課題
対話と交流で育む友情が「不戦の防波堤」の基盤に


この見出しを見ただけでも、池田SGI会長がお考えの内容が解ります。
理想的な内容です。しかし現実は簡単ではありません。
「信念と忍耐と覚悟」が必要です。! 容易に出来る事ではないでしょう。

でも世界のSGIのメンバーは牧口初代会長から85年もの永きに渡り、その
活動を間断なく持続してきたのです。
その間、世界の人権の、偉人「マハトマガンジー」「マーティン・ルーサーキング牧師」も
「法華経」の思想を持っていました。

南アフリカのマンデラ大統領も投獄中は「ガンジー」の思想を信じて戦ったと聞いています。

簡単ですが、結局は「紛争、戦争、テロ」を防ぐには、他宗教や思想を包含しつつ、
互いの違いを乗り越えて、

友情の輪を広げて行くしか方法が無いと思います。「目には目」「歯には歯」の考えでは
永遠に負の連鎖を断ち切る事は出来ないのです。ではどうするのか?が課題
ですね。
まずは邦人の方々は危険に巻き込まれないよう、細心の注意をして身を守る。
また、現実、殺人を繰り返す人間自体の覚醒をうながす、自覚する事を願いたい。
その為の、活動運動で波動を広げて行く事なのかな。そのための祈りが根本ですが。



昨年から「人間革命」の切り抜きをしています。
正直、今まで読んではいても切り抜きまではした事がありませんでした。
昔お世話に成った、方がいつもされて勉強していたのを思い出したのです。

池田先生の、お心を知りたくての想いです。ご高齢でもなお、お体にムチ打って
連載して下さっています。何度でも読み返して先生の思いを感じて進んで行きたい
と思っています。

DSC_0516-3.jpg

新聞に載っていた御書の一節です。

(道妙禅門御書)
「祈祷においては顕祈顕応・顕祈冥応・冥祈冥応・冥祈顕応の祈祷有りと
いえども只肝要は此の経の信心を致し給い候はば現当の所願満足有る可く


(通解)
祈りとその結果には顕祈顕応(けんきけんおう)・顕祈冥応(けんきみょうおう)・
冥祈冥応(みょうきみょうおう)・冥祈顕応(みょうきけんのう)の四種があるが、
ただ肝心なことは、この法華経の信心をされるならば、現在および未来の
所願は満たされるであろうということである。

(同志への指針)
「祈りとして叶わざるなし」の妙法である。
信心の功徳には、はっきりと顕れる「顕益」(けんやく)と、目に見えない
大利益が生命に積まれる「冥益」(みょうやく)がある。根本の「冥益」は
絶対であり、大事な時の「顕益」もまた厳然である。
現在、そして未来の「所願満足」を確信して、まず祈りから始めよう!
祈り抜く、祈りきるー ここにこそ、常勝の方程式があるからだ。


聖教新聞に載っていました、この御文を日々の自分の指針にしています。
祈る事は沢山ありますが、その中でも、3つの大きな願いがあります。
なんとしても!の思いなので、毎日唱題を1時間を目標にして実行しています。
久しぶりの本気の祈りです。

今までも、本気の祈りで、苦難を乗り越えてきました。
信心歴は長いですが、長い時間の唱題が苦手で、なかなか出来ないんです。
苦しくて座っていられなく成るんです。
でもこの度は、そんな自分に甘い性格を乗り越えていかなければなりません。
初心に戻って自行、化他行の実践にも励む決意です。
内容はお話出来ませんが、最後に残された人生を悔いなく挑戦します。o( ^_^ )o

「挑戦しよう!」と言う強い気持ちが湧く事こそが、「日蓮大聖人」の仏法の一番の
功徳です。人間やる気にならなければ、何事も成就出来ないですものね。

では皆様も、「挑戦」の心で、願いを叶えて行きましょう。♪


励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://takahiro0528294.blog.fc2.com/tb.php/15-4bdca2ca
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。