FC2ブログ

創価母のつぶやきブログ

信仰人生42年の経験と思う事を綴って行きたいと思っています。

スポンサーサイト

Posted by mimipita on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ日頃の友好活動が花開く&ためになる書籍♪

Posted by mimipita on   0

学会員の皆さんも常日頃、友人と幸せな交流をされていらっしゃると思います。
お陰さまで、私も、昔からの友人の他に、今年から町内のダンスサークルに
参加するようになって、新しいお友達が増えました。それ以外にも、ご縁があり
まして、親しくなった友人の方もいらっしゃいます。

気軽に会える仲と言うのは本当に、楽しいし幸せな気持ちになります。
友人になって頂いた方には、感謝の気持ちでいっぱいですね。
あまり深く立ち入らないように、これからも良い関係を保って行きたいです。

11月の本部幹部会は創立記念の意義深い時ですので、
新たな気持ちで参加しました。
前回のブログで載せました、牧口先生のお言葉ですが、

『・・・・カントの哲学を精読している。
百年前、及びその後の学者共が望んで手を着けない「価値論」を
私が著し、しかも、上は法華経の信仰に結びつけ、下数千人に実証したのを
見て、自分ながら驚いている。
これ故、三障四魔が粉起するのは当然で、経文通りです。』


このとおりを幹部会の席上で、池田副会長がおっしゃいました。

牧口先生がお考えになった「創価教育学」の精神が「創価学会」の原点です。
その原点を知らずして、創価学会を語ることは出来ません。
また真に理解は出来ないと思います。

創価学会に興味を感じて頂けたなら、ぜひ「牧口常三郎先生」の事を知って頂きたい
です。そうすれば、正しい真実の「創価学会」が自ずと解って来るのです。
「創価」とは価値を創造し、人としての幸せになる生き方を作り上げて行く方法を
教えているのです。
この原点は、何年時が立っても、変わる事はありません。
年老いた学会員はこの世から居なくなります。でも必ず次の世代に受け継がれ、
「創価学会」の組織は続いて行きます。私はそう信じています。

毎月購入している本があります。婦人部で喜ばれてる雑誌「パンプキン」です。
とっても中身が濃くて、役に立つ本です。お料理や楽しい事、家事に役立つ事
池田先生の随筆、体験談、小説などなど。

娘とお嫁さんに、贈呈してるので、毎月3冊です。たまに読んだ後に友人にも
見せています。色んな工夫で、学会への理解の輪を広げています。♪

12月号も来ました。大掃除の仕方、年賀状のマナー、
土地の文化や歴史、美味しい食の紹介、楽しさ盛りだくさんです。♪

DSC_0374-3.jpg

今回はこちらの本を購入しました。
「100文字の幸福抄」 池田先生の言葉が読み易く大きな文字で
描かれています。 読んでると、感銘する言葉の数々。 自分にもそして回りの
大切な人にもきっと支えになりますね。嬉しい本です。♪

もう一冊は「創価学会と平和主義」佐藤 優著 
創価学会員ではない方が、偏見や偏り無く、外から見たままを書いている本です。
私は今までも、この方の著作を読んでいます。
作家で、元外務省主任分析官。キリスト教徒。

DSC_0393-3.jpg

まだ読んでいませんので、後ほど感想を述べさせて頂きますね。

見に来て下さいまして、ありがとうございます。


励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Trackbacks

trackbackURL:http://takahiro0528294.blog.fc2.com/tb.php/11-a09526ff
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。