創価母のつぶやきブログ

信仰人生42年の経験と思う事を綴って行きたいと思っています。

スポンサーサイト

Posted by mimipita on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善と悪は表裏一体&「SGI」は地球上の平和の団体

Posted by mimipita on   0

2月になりました。寒さに負けず「伝統の2月」を悔いなく頑張りたいと思っています。
の気持ちで日々過ごしています。思う事はあってもその通りの実践が伴わないのが、
私の現状ですが、いつも挑戦の気持ちは持ち続けたいです。

1月後半からの「イスラム国」の報道に心穏やかでなかったのは、皆様も同じと
思います。
何世紀にも渡って、人間は殺戮を繰り返しています。なぜにもっと賢い考え方が
出来ないのか?いつになったら人々が安穏に平和に暮らす世界になるのでしょうか?

色々と今回の「邦人の人質殺人事件」で、いやでも考えさせられたと言うか、
考えずにはいられない日々でした。
やはり根底には何が大切か!! 人間とは条件や環境だけで、平和に生きて行ける
動物ではないと言うことです。『生命』をどうとらえるか!?やはり哲学、思想の
問題だと言う考えに行き着くのです。

思想を毎日実践していくことを宗教と言う言葉になりますが、殺し合わない世界になるには、
「生命」がもっとも尊いとする、「法華経」を広める事がやはり必要になります。
だからと言って全人類が「法華経」を信仰できるかといえば、不可能でしょう。信仰者と
してはもちろん、「広宣流布」を目的に活動は止みません。
それとともに、宗教関係なく、どんな思想、宗教をしている人間でも、包含する、大きな心
の人間へと「人間革命」し友人となる絆を作る活動がより重要であり絶対に必要なのです。

『SGI』(創価学会インターナショナル)はそれを進めてる団体です。
1月26日の聖教新聞に池田SGI会長が「第40回「SGIの日 記念提言」を発表しました。
ここに、問題解決の方途を示されています。

見出しだけ抜粋します。

人道の世紀へ誓いの連帯
地球上から悲惨の二字なくす
平和の波動を民衆の手で!
苦しみ抱える人々の目線に立った政治と経済の再人間化を
一人一人の意識変革が社会を変える原動力に
同苦と励ましの心の通い合いが自他共の尊厳を照らす光に
勇気の連鎖を広げるSGIの体験談運動
平和の文化築く挑戦を
排除の思想からの脱却が課題
対話と交流で育む友情が「不戦の防波堤」の基盤に


この見出しを見ただけでも、池田SGI会長がお考えの内容が解ります。
理想的な内容です。しかし現実は簡単ではありません。
「信念と忍耐と覚悟」が必要です。! 容易に出来る事ではないでしょう。

でも世界のSGIのメンバーは牧口初代会長から85年もの永きに渡り、その
活動を間断なく持続してきたのです。
その間、世界の人権の、偉人「マハトマガンジー」「マーティン・ルーサーキング牧師」も
「法華経」の思想を持っていました。

南アフリカのマンデラ大統領も投獄中は「ガンジー」の思想を信じて戦ったと聞いています。

簡単ですが、結局は「紛争、戦争、テロ」を防ぐには、他宗教や思想を包含しつつ、
互いの違いを乗り越えて、

友情の輪を広げて行くしか方法が無いと思います。「目には目」「歯には歯」の考えでは
永遠に負の連鎖を断ち切る事は出来ないのです。ではどうするのか?が課題
ですね。
まずは邦人の方々は危険に巻き込まれないよう、細心の注意をして身を守る。
また、現実、殺人を繰り返す人間自体の覚醒をうながす、自覚する事を願いたい。
その為の、活動運動で波動を広げて行く事なのかな。そのための祈りが根本ですが。



昨年から「人間革命」の切り抜きをしています。
正直、今まで読んではいても切り抜きまではした事がありませんでした。
昔お世話に成った、方がいつもされて勉強していたのを思い出したのです。

池田先生の、お心を知りたくての想いです。ご高齢でもなお、お体にムチ打って
連載して下さっています。何度でも読み返して先生の思いを感じて進んで行きたい
と思っています。

DSC_0516-3.jpg

新聞に載っていた御書の一節です。

(道妙禅門御書)
「祈祷においては顕祈顕応・顕祈冥応・冥祈冥応・冥祈顕応の祈祷有りと
いえども只肝要は此の経の信心を致し給い候はば現当の所願満足有る可く


(通解)
祈りとその結果には顕祈顕応(けんきけんおう)・顕祈冥応(けんきみょうおう)・
冥祈冥応(みょうきみょうおう)・冥祈顕応(みょうきけんのう)の四種があるが、
ただ肝心なことは、この法華経の信心をされるならば、現在および未来の
所願は満たされるであろうということである。

(同志への指針)
「祈りとして叶わざるなし」の妙法である。
信心の功徳には、はっきりと顕れる「顕益」(けんやく)と、目に見えない
大利益が生命に積まれる「冥益」(みょうやく)がある。根本の「冥益」は
絶対であり、大事な時の「顕益」もまた厳然である。
現在、そして未来の「所願満足」を確信して、まず祈りから始めよう!
祈り抜く、祈りきるー ここにこそ、常勝の方程式があるからだ。


聖教新聞に載っていました、この御文を日々の自分の指針にしています。
祈る事は沢山ありますが、その中でも、3つの大きな願いがあります。
なんとしても!の思いなので、毎日唱題を1時間を目標にして実行しています。
久しぶりの本気の祈りです。

今までも、本気の祈りで、苦難を乗り越えてきました。
信心歴は長いですが、長い時間の唱題が苦手で、なかなか出来ないんです。
苦しくて座っていられなく成るんです。
でもこの度は、そんな自分に甘い性格を乗り越えていかなければなりません。
初心に戻って自行、化他行の実践にも励む決意です。
内容はお話出来ませんが、最後に残された人生を悔いなく挑戦します。o( ^_^ )o

「挑戦しよう!」と言う強い気持ちが湧く事こそが、「日蓮大聖人」の仏法の一番の
功徳です。人間やる気にならなければ、何事も成就出来ないですものね。

では皆様も、「挑戦」の心で、願いを叶えて行きましょう。♪


励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今年1年、昨年より1歩前へチャレンジ有るのみ♪

Posted by mimipita on   0

今までと同じに生きると言う考えは私は嫌いです。
生きてる限り、何才であろうと、変化していくのが当たり前だと思うからです。
またそうでなければ、生きている意味が無い。

今年から、自然栽培の畑にチャレンジします。
それと、「ぬいぐるみ」創作をする。もちろん、本業の「トリマー」の仕事もやりきる。♪
近隣の友人との交流も大切に。楽しい毎日にする。
健康管理は今まで通りに実行。
信心活動も楽しくやる。何事も楽しんでする。♪
そしてもう一つある決意をしています。これは、今はお話し出来ません。
出来る時が来ましたら、打ち明けます。

そんなこんなでやりたい事が沢山で、今年も忙しくなります。
なんて言っていますが、時間切れで、手抜きで何分の一も出来ないんですよ。(*^_^*)
あんまりきっちり思ってもね、精神的に良く有りませんから。(笑)
私の性格はいい加減だということです。

11日の聖教新聞の1面の池田先生の「光の言葉幸福の曲」が載っていました。

読んで感動したので、ここに載せたいと思います。♪


<新しき一年に新しき自分を>

新年は、惰性を破るチャンスである。
「新しい自分」へと  脱皮する好機である。
年頭の決意を貫いたとき、 どれほど大きな実りが、
年末に もたらされることか。
新生の決意に立てば 「前進の一年」になり、

「相変わらず」の心であれば 「後退の一年」となってしまう。
大いなる希望と 
具体的な目標をもつことである。
「すべてに勝利する」との 強き一念を貫くことである。

「未来の社会」 「これからの地球」といっても、
それはすべて 未来を担いゆく
若き君たちの胸中にある。
今、諸君の心に どのような未来が、
どのような希望が 描かれているのかー
ここに
すべてがかかっていると言って良い。
「どうなるか」ではなく
「どうするか」である

自分が変わることである。
自分を改革することである。
自分自身が 「新生」の行動を
始めるところから、一切が変わり始める。

今 この瞬間も、 大宇宙は止まることなく
正確に運行している。
その宇宙を動かしゆく本源の力と
同じ力が、
私たち自身の生命の中にある。
ゆえに我らは、
来る年 来る朝、
わが胸に元初の太陽を昇らせ、
新しい一日を
新しい人生を
晴ればれと勝ち進んでいくのだ。


この詩を読んだとき、わくわくするような気持ちになりました。
その心で、生涯青春の1年でありたいと思います。



励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

2015年、明けましておめでとうございます。☆

Posted by mimipita on   0

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。m(_ _)m

毎年、新年には創価学会の会館へ「新年勤行会」に参加しています。
今年は初めて、家族7人で赤平の会館に参加することが出来ました。♪

1420091258749.jpg

娘は仕事で行けなかったのが、少し残念ですが、行く行かないは本人の
考えですので、また私のご祈念事が出来ました。

一家和楽の信心をこれからも祈念して行きます。
昔、私の尊敬する方が言っていました。「親孝行な子達じゃないですか!♪
親にお題目を上げさせてくれて」と。
昨日は娘と、過去の想い出話や今まで言えなかった事など、沢山、親子の会話を
する事が出来ました。親として、幸せなひと時を過ごしました。♪

思っている事を伝え合えると言う事はそう出来る事ではないと思います。
親子や家族間に確執が有ったり、一方通行で有ったり、時間が無くてなかなか
会えなかったりと難しいものですものね。

可愛い、子供、孫と一緒に、お正月を過ごせて、私は幸せ者です。(^_^)v

牧口先生の本や佐藤 優氏の本を読んでから、なんとなく、今まで難しいと敬遠していた、
「日蓮大聖人の御書」を読んでみたくなりました。
難しい漢字や言葉が出て来ますが、なんとなく意味が分かるんですよね。抵抗があまり無く、
そばに置いて時々読んでいます。

これは私が21才の時に購入した「御書」です。42年が経っています。
ファスナー付のケースに入れていたのですが、ボロボロになってしまったので、
捨てました。御書の表紙は皮貼りです。用紙は質の良いものなので傷んではいません。

DSC_0437-3.jpg

若い時は、難しい文字を見ただけでも、頭が痛くなりましたが、
還暦過ぎた年齢のせいでしょうか?意味が分かり大聖人の迫力が心に
迫って来ます。 今、「大聖人の仏法」を信仰出来る事は無上の
喜びです。

御書の一節を載せたいと思います。
『 十字御書(むしもちごしょ)
 月は山よりいでて山をてらす、わざわいは口よりい出て身をやぶる、さいわいは心より
いでて我をかざる。
今正月の始めに法華経を供養しまいらせんと、をぼしめす御心は、木より花のさき
池より蓮のつぼみ、雪山のせんだんのひらけ、月の始めて出るなるべし、今日本国の
法華経をかたきとして、わざわいを千里の外よりまねきよせぬ、此れをもってをもうに

今法華経を信ずる人は、さいわいを万里の外よりあつむべし、影は体より生ずるもの
法華経をかたきとする人の国は体に、かげのそうがごとく、わざわい来るべし、
法華経を信ずる人は、せんだんに、かをばしさのそなえたるがごとし、』

『阿仏房御書
末法に入って法華経を持つ男女の、すがたより外には宝塔なきなり
、若し然れば貴賤上下をえらばず南妙法蓮華経と、となうるものは我が身宝塔にして
我が身又多宝如来なり、妙法蓮華経より、外に宝塔なきなり、法華経の題目、宝塔なり
宝塔又南妙法蓮華経なり。』

いかに、人間一人一人が尊い「仏の生命」を内在しているか!! 
と言う「日蓮大聖人」の御文です。この「仏の生命」を引き出す方法を教えて
いるのが、「日蓮大聖人」の仏法なのです。
でもそう言われても簡単には信じられないのが、私達「凡夫」です。
法華経は理解よりも「信じる」事。「以信得入」と教典にあるが
「信を以て入る事を得」と読む。

御書1244ページ
『仏法は海の如し唯、信のみ能く入る」

私は幸運にも発心して42年の間、さまざまな、人生の苦難がありましたが、
「日蓮大聖人」の仏法を疑うことは、ありませんでした。
家族が疑って落ちた時も、微動だにしませんでした。組織の中では地味な
存在ですが、信じる心だけは、誰にも負けません。この事が唯一私の誇りです。

2015年は「世界広布新時代 躍進の年」です。♪
楽しみながら、自分に出来る事から、挑戦していきます。o( ^_^ )o
今年一年、良い年にして行きましょう。

励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

内外関係なくぜひこの本がおすすめ!&悔いの残らない闘いを!♪

Posted by mimipita on   0

佐藤優氏の本「創価学会と平和主義」を読了しました。

DSC_0393-31.jpg

感想を述べたいのですが、文章にするのが、けっこう難しいです。
読むぶんには難しい本ではないですので、

実際に多くの方々に読んで頂きたいですね。
筆者の「佐藤 優氏」は正規のキリスト教徒で、いつも聖書を持っているような方です。
しかし、そのような彼が、なぜ創価学会や池田大作氏に関して、本を出版したのか?

その理由や過去の、創価学会を学生の時から、大学教授の話で興味を持つに至った
経緯も書かれています。
学会内部よりも詳しくご存知なこともあり、よく調べていらっしゃると関心した所もあります。
 また学会員ではなく、信仰していないので、当たっていない事も少しはありますが、

ほぼ90%以上は創価学会と公明党の事も内容は真実を著していると思います。
外部の人には、学会の本当の事が解り、内部の会員には、改めて日本や世界に
おける、「創価学会」の存在意義が伝わりより信仰心が深まると感じます。

やはり私が牧口初代会長を①〜⑧に載せましたが、牧口会長が「創価学会」の
源点であります。
2代会長の戸田先生、3代会長の池田先生が師匠の唯命のまま実践し発展させ
ました、
世界宗教である「創価学会インターナショナル」『SGI』(192カ国)があります。

世界から戦争をなくし、平和を築く上で大きな役割を果たして行くでしょう。

現実日本も「集団的自衛権」の行使の閣議決定を作る上で、安倍政権の思惑に、
大きな歯止めをかける事に成功しているのです。誤解して報道した所も
ありますが、公明党だからこそ出来たのだそうです。

表から批判を受けて名を捨てても実をとったのです。だからこそ公明党の
「平和主義」は本物だと、佐藤氏は言っています。

以前の「個別的自衛権」の時よりも、今回の方がより行使しずらい内容に成っている
そうです。
佐藤氏が学生の頃の話で、同志社大学神学部に入学した。
組織進学の中に宗教学の講座があり、担当の幸日出男教授の授業内容にふれ、

幸教授の創価教育学会の戦時下抵抗についての講義は実に熱が入ったもので、
強い印象を残した。
「信仰の真価は、危機の時に解る。われわれキリスト教は実にだらしがなかった。
この点で創価教育学会から虚心坦懐に学ばなくてはならい事が沢山有る」と

歴史神学を教えていた森孝一助教授(現 神戸女学院院長)は、留学先の米国
バークレー神学大学院連合の太平洋神学校で「創価学会の創立者 牧口常三郎
研究」という論文を提出して博士号を取得していた。


キリスト教も創価学会も色々に変化し形を変えて来た。それは生きた宗教である、
証しだと言う。私もそうだろうと思う。
日本の国際化は外国に出て行く事を意味していたが、日本人の人口が減るに
したがい国内に移民が増加すると予測される、お互いの民族の意識やナショナリズムが

優先される社会になればおのずと、摩擦が生じ平和を保つのが困難になるであろう、
そこに、平和主義の「SGI」創価学会の存在が重要性をます。

佐藤氏が信じる、宗教改革者カルバンの伝統を引くプロテスタンテイズムと
創価学会も、同じく現実を変革する此岸性(この世に幸せを求める)に
彼岸性(あの世に幸せを求める)を包み込んで行く宗教である。そこに
共感を覚えると、佐藤氏は言う。

創価学会に対する好き嫌いの感情をひとまず脇に置いて、現実に存在する
創価学会を等身大に見て欲しいと述べている。
この本を出すに当たっても数人の友人から、作家としてマイナスになるから
止めた方が良いとの忠告を受けるが、敵を作るより、真実を書かないことで、
戦争への道を加速する事を恐れると述べている。

彼の勇気と使命感に、心から、啓意を表する思いです。

この本を見て知って頂きたいし、友人にも見せたり内容を伝えて行きたいものだと、
思っています。

明日14日は衆議院総選挙の投票日です。学会員の皆様毎日の活動、
大変ご苦労様です。天気も荒れて各地で大雪に成っている所やこれから
降る所もありますが、最後まで悔いなく無事故で頑張りましょう。!♪

公明党の大勝利を心から祈っています。(^_^)v



励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


いよいよ日頃の友好活動が花開く&ためになる書籍♪

Posted by mimipita on   0

学会員の皆さんも常日頃、友人と幸せな交流をされていらっしゃると思います。
お陰さまで、私も、昔からの友人の他に、今年から町内のダンスサークルに
参加するようになって、新しいお友達が増えました。それ以外にも、ご縁があり
まして、親しくなった友人の方もいらっしゃいます。

気軽に会える仲と言うのは本当に、楽しいし幸せな気持ちになります。
友人になって頂いた方には、感謝の気持ちでいっぱいですね。
あまり深く立ち入らないように、これからも良い関係を保って行きたいです。

11月の本部幹部会は創立記念の意義深い時ですので、
新たな気持ちで参加しました。
前回のブログで載せました、牧口先生のお言葉ですが、

『・・・・カントの哲学を精読している。
百年前、及びその後の学者共が望んで手を着けない「価値論」を
私が著し、しかも、上は法華経の信仰に結びつけ、下数千人に実証したのを
見て、自分ながら驚いている。
これ故、三障四魔が粉起するのは当然で、経文通りです。』


このとおりを幹部会の席上で、池田副会長がおっしゃいました。

牧口先生がお考えになった「創価教育学」の精神が「創価学会」の原点です。
その原点を知らずして、創価学会を語ることは出来ません。
また真に理解は出来ないと思います。

創価学会に興味を感じて頂けたなら、ぜひ「牧口常三郎先生」の事を知って頂きたい
です。そうすれば、正しい真実の「創価学会」が自ずと解って来るのです。
「創価」とは価値を創造し、人としての幸せになる生き方を作り上げて行く方法を
教えているのです。
この原点は、何年時が立っても、変わる事はありません。
年老いた学会員はこの世から居なくなります。でも必ず次の世代に受け継がれ、
「創価学会」の組織は続いて行きます。私はそう信じています。

毎月購入している本があります。婦人部で喜ばれてる雑誌「パンプキン」です。
とっても中身が濃くて、役に立つ本です。お料理や楽しい事、家事に役立つ事
池田先生の随筆、体験談、小説などなど。

娘とお嫁さんに、贈呈してるので、毎月3冊です。たまに読んだ後に友人にも
見せています。色んな工夫で、学会への理解の輪を広げています。♪

12月号も来ました。大掃除の仕方、年賀状のマナー、
土地の文化や歴史、美味しい食の紹介、楽しさ盛りだくさんです。♪

DSC_0374-3.jpg

今回はこちらの本を購入しました。
「100文字の幸福抄」 池田先生の言葉が読み易く大きな文字で
描かれています。 読んでると、感銘する言葉の数々。 自分にもそして回りの
大切な人にもきっと支えになりますね。嬉しい本です。♪

もう一冊は「創価学会と平和主義」佐藤 優著 
創価学会員ではない方が、偏見や偏り無く、外から見たままを書いている本です。
私は今までも、この方の著作を読んでいます。
作家で、元外務省主任分析官。キリスト教徒。

DSC_0393-3.jpg

まだ読んでいませんので、後ほど感想を述べさせて頂きますね。

見に来て下さいまして、ありがとうございます。


励みになります。応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。